小倉競馬場|競馬場レポート

小倉競馬場

競馬場へのアクセス

 北九州高速鉄道(小倉モノレール)の競馬場前駅が競馬場と直結しています。改札を出るとすぐに競馬場の「モノレール入場口」があり、非常に便利です。なお、モノレールの小倉駅(JR小倉駅ビル内)~競馬場前駅は、運賃230円、所要時間は10分となっています。

所在地 福岡県北九州市小倉南区北方4-5-1
最寄交通機関 小倉モノレール競馬場前駅下車すぐ

ページの一番上へ

場内・席情報

 いつもの癖で、危うく共通入場回数券を使いそうになってしまいましたが、入場料は100円となっており、回数券よりも安い設定となっています。1999年に改装オープンした現在の競馬場は、JRAの競馬場らしく近代的で、非常に立派なものである一方、東京や京都といった競馬場に比べると、コンパクトにまとまった印象を受けました。

 指定席は、ゴールに近いA指定席(1,500円。スタンド3・4階)と4コーナー側のB指定席(1,000円。スタンド5階)の2種類が設定されており、2人がけの席にテーブルモニターが1つ備わります。08年1月現在、電源コンセントのある席とない席が存在し、ある席にはテーブル裏に2個口のコンセントが備わり、ノートPCの使用や携帯電話の充電に重宝します。管理人は探訪の際、たまたまコンセントのある席にあたりましたが、希望される方は、指定席券購入の際にその旨を伝えると良いかと思われます。ただし、希望を受けてくれるのかどうかは未確認です。なお、指定席券売場は入場門ではなく、スタンド1階にあります。

 また、スタンド4階には無料休憩所があり、無線LANによるインターネット接続を無料で利用できます。無線LAN対応の端末を持ち歩いている人間にとっては、ありがたいサービスと言えます。

3階A指定席

2席に1つモニターが備わり、JRAの標準的な指定席といった趣です。A指定席では、ゴール前で繰り広げられる攻防を眼前に見ることができます。


席種 価格 備考
A指定席 1,500円
(入場料別)
スタンド3・4階。ゴール前を中心としたエリア。
B指定席 1,000円
(入場料別)
スタンド5階。4コーナー側のエリアになります。
一般席   屋外席の他、スタンド3・4階には屋内席が用意されており、高い人気を誇っているようです。

ページの一番上へ

食べ物・グルメ情報

 いくつかのレストラン・食堂のほか、JRAの競馬場らしく、ファーストフードコートが充実しています。その中に、管理人お気に入りのビアレストラン「銀座ライオン」が出店しており、「サッポロビール日田工場直送」のビールを供しています。「サッポロ生ビール」は490円となっており、競馬場のビールの値段としては標準的なものですが、工場直送の、しかもライオンのビールを飲める値段としては、個人的には安いとすら感じさせるものでした。

 このお店では、他にカレーやスパゲティの販売を行っており、ビールと一緒に、福岡県にちなんで(?)明太子スパゲティ(480円)を注文してみました。こちらはたっぷり絡んだ明太子ソースのピリ辛味がビールにも合い、ボリューム的にも満足の1品でした。

ビールと明太子スパゲッティ

ビールと明太子スパゲッティ

ビールと明太子スパゲッティ

カツオムライス

カツオムライス

スタンド3階「玉屋」のカツオムライス(820円)。オーソドックスなオムライスに揚げたてカツが添えられ、デミグラスソースがかかります。

揚子江の豚まん

揚子江の豚まん

スタンド内売店で販売されていた揚子江の豚まん(200円)。小倉で有名な肉まんだそうです。大きめのサイズの豚まんは皮がふかふかで、餡は汁気たっぷり、あっさりめの味付け。個人的に慣れ親しんでいる551の豚まんとは好対照の1品です。


ページの一番上へ

雑感

 JRAの競馬場としては九州唯一の存在、小倉競馬場です。関西の夏競馬の開催場となるため、関西の人間にとっては「夏の小倉」というイメージの強い競馬場と言えます。

 前述のように、1999年に改装オープンした近代的で立派な競馬場である一方、ローカルの競馬場らしく平坦・小回りという特徴も持っているためか、JRAの競馬場らしい雰囲気と地方競馬場っぽさを同時に感じることのできる競馬場でした。また、小倉駅からは新幹線を利用すれば2千円弱、所要時間20分弱で博多に出ることができ(特急利用なら1,300円弱、所要時間約40分。小倉駅周辺にはチケットショップが点在していますので、オトクに利用できます)、遠方の人間にとっては、競馬と観光の両方を満たし易いのも魅力的であると言えるでしょう。

ページの一番上へ

小倉競馬場 最終探訪日:11.7.17 ページ更新日:11.8.15


inserted by FC2 system