船橋競馬場|競馬場レポート

船橋競馬場

競馬場へのアクセス

 京成の船橋競馬場駅が最寄り駅となり、駅から競馬場の入場門までは、歩いて5分といったところです。船橋競馬場駅には日中、都営浅草線からの直通快速も停車するので便利です。

 もう一つのアクセス駅がJR南船橋駅で、入場門へは向正面側から1・2コーナー寄りをぐるっと周る感じで、歩いて10分ほどかかります。途中の歩道橋からは、競馬場の全景を望むことが出来ます。南船橋駅へは、東京駅からJR京葉線1本で行けるほか、武蔵野線経由の列車もあります。

所在地 千葉県船橋市若松1-2-1
最寄交通機関
  • 京成船橋競馬場駅下車、約5分
  • JR南船橋駅下車、徒歩約10分

ページの一番上へ

場内・席情報

 入場門をくぐると、コインロッカーや新聞売りのブースが続いた後、右手にパドックが現れます。スタンドは、独特な色で塗装されており、一階部分に観覧席のない構造と相まって、独特な雰囲気を醸し出しております。

 特観席は1席2,000円(本場開催時)で、席はしっかりとした造りのものとなっており、テーブルにはライトが備わっています。フリードリンクのサービスがあり、いただけるドリンクの種類も豊富です。また、6人までで利用できるボックスシートも用意されていますが、数が少ないため、開門前に並ばない限り確保するのは難しそうです。

特観席

特観席の様子。センターアームレストも各席に独立したタイプの、ゆとりあるシートとなっています。ただ、折角ライトのために配線工事を施したのであれば、ついでにコンセントも備え付けてくれればよかったのに、というのは贅沢でしょうか。。。


席種 価格
(入場料込)
備考
特別観覧席
(個人席)
2,000円 スタンド5階。ペア席にテーブル、手元にはライトが備わります。ソフトドリンク無料サービスあり。
特別観覧席
(グループ席)
8,000円 スタンド5階。6人まで利用可能のボックス席となっています。
一般席   スタンドには屋内・屋外観覧席が用意されています。

ページの一番上へ

食べ物・グルメ情報

 船橋競馬場も食は充実していると思います。そんな中でも名物と目されるのが、「あんかけ焼きそば」でしょうか。お手ごろ価格の350円でボリュームもたっぷり。非常に満足度の高い1品と言えます。

 一本100円の牛すじ串、もつ串もなかなかのもので、ビールを欲しくなる競馬場です(ただし、生ビールは小さめのサイズで450円と若干お高め)。

あんかけ焼きそば

あんかけ焼きそば

あんかけ焼きそばは見た目よりもボリュームがあります。

もつ串とすじ串

もつ串とすじ串

1本100円のもつ串とすじ串。特に手前のすじ串は赤身分が多めの牛すじを使用していて好感。

カレーそば

カレーそば

スタンド3階Odds-onでいただいたカレーそば。うどんではなく、普段あまり見かけることのないそばを選んでみたのですが、カレーだしが非常に美味しく、そばとのマッチングも違和感の無いものでした。


もつ焼き

もつ焼き

アタリーナの向かいにある田久保のもつ焼き。船橋競馬場名物ということでレバーと白もつを購入してみたのですが、特にレバーが美味で、一口食べた後すぐにビールを買い足したのでした。


ページの一番上へ

雑感

 南関東の実力派、船橋競馬場です。アブクマポーロやアジュディミツオーなど、地方競馬史上に残る名馬を輩出し(アブクマポーロは転厩馬ですが)、現在、南関東の有力馬の多くが所属する競馬場です。

 船橋競馬場といえば、その独特のコース形状が印象的です。管理人はここのコース図を見て、「スパイラルカーブ」がどういうものなのかを理解しました。あと、オーソドックスなファンファーレも、今となっては逆に印象的なもののように思います。かしわ記念が統一GⅠ(現JpnⅠ)に格上げされた際、生演奏のファンファーレを流すということで、個人的にはとても注目していましたが、あまりのカッコよさにシビれましたね。これからもずっと使い続けていただければなぁ、と思います。

船橋競馬場
主催者 千葉県競馬組合
公式ウェブサイト http://www.f-keiba.com/

ページの一番上へ

船橋競馬場 最終探訪日:14.3.19 ページ更新日:14.9.7

日本北上競馬旅 page1へ

inserted by FC2 system